面接の極意

転職面接の質問集 ~いつから入社できますか?

内定まであと一歩

面接でよく聞かれる質問集シリーズとして
いつから入社できますか?
について「面接官の本音」と「回答例」をご説明します。

質問した面接官の本音は?

面接官は、この質問で何をチェックしたいのか?というと

1. 当社の考えている入社時期と合うかどうか?
2. 時期が合わない場合はどんな事情があるのか?

一般的には、入社後の導入研修、配属部署との時期調整、 前任者からの業務引継ぎなど、入社後の段取りを考えるための質問です。

ただし、この質問に隠された本音は面接時間の内「いつ聞かれたのか?」によっても少々違います。

まこと人事部長の「さらに本音!」

私が面接で「いつから入社できますか?」と聞くときには次のような本音があります。

当社は採用に前向きだけど、あなたはどの程度「本気」なんですか?

まこと部長
まこと部長
面接の序盤ではなく、面接の後半に話が盛り上がったときにこの質問が出たのであれば、それは採用担当者からの「ラブコール」である確率が高いです。

私がこの質問をするのは「かなり本気」のときです。
分かってもらえない場合「にぶい人だなぁ・・・」と思うこともあります。(笑)

質問に対する回答例(状況別)

この質問に対する40代の回答は、状況によって区別して考える必要があります。

・あなたが在職中の場合
・あなたが離職中の場合
・ハイスペックな転職の場合

に分けて考えてみます。

あなたが在職中の場合

あなたが在職中の場合、時期は「早すぎても遅すぎても」印象が良くありません。

「内定から1ヶ月から2ヶ月後」というのが現実的な回答です。

「数週間で入社できる」と言う人には今の仕事に対する責任感を疑ってしまいます。
また「入社まで3ヶ月以上かかる」という場合、「そこまでは待てない」というのが現実でしょう。

「退職願の提出 → 後任者の選任 → 引き継ぎ → 退社」まで、早くても1ヶ月は必要です。

また適切な後任者がいない場合や専門性が高い業務の場合には、後任者の選出だけで1ヶ月かかる場合も充分ありえます。

その場合、後任者のためにも、きちんと引き継ぎをするなら、合計で2ヶ月が必要です。

応募者が「責任あるポジションで働いている」そして「責任をもって引き継ぎを行なう」場合は、求人企業としても2ヶ月は待つ必要があると考えます。

「早く入社してほしい」と言われたら

もし「もう少し早く入社してほしい」という会社が有れば、それは「かなり、せっかち」な会社と言わざるを得ません。

と言っても、アッサリ断るわけには行きませんね。

まこと部長
まこと部長
40代のビジネスパーソンは通常、責任ある仕事をしています。

自社の都合だけを考えて「早く入社してほしい」という会社の場合、入社後も会社のペースで苦労することになるかもしれません。

「早く入社させたい会社側の事情」もよく聞いて、納得性があるかどうかで判断することが大事です。

あなたが離職中の場合

あなたが離職中の場合は「御社の都合に合わせられます」「いつでも大丈夫です」の回答で良いでしょう。

40代は即戦力を求められています。

「少し休養したいので、2週間後に」などと、離職中なのに先延ばしにするのはもちろんNGですよ。

ハイスペック転職の場合

次のような場合は、先の「在職中」の事例よりも更に時間がかかります。

・現職で大きな部門やプロジェクトのリーダー(現職)であり、かつ
・新しい会社へ転職後も同様の役職での活躍が期待されている場合

新しい会社側の採用条件としても、経験者(現在の会社でも同様の役職者)であることが前提となっているでしょう。

きちんと責任を果たし、引き継ぎもきちんと行うためには「内定後3ヶ月必要」という回答は充分に納得性があると考えます。
3ヶ月
新しい会社で「経験者(現在の会社でも同様の役職者)」採用が前提であるならば、転職者側からもその程度(3ヶ月)の期間は主張して良いと考えます。

それ以上かかる場合は、新会社の事業計画との兼ね合いもあり、調整が必要でしょう。

ハイスペック転職の入社時期の調整

このような、いわゆるハイスペック転職はタイミングとして「年度変わり」などの時期がふさわしいでしょう。

そこまで待てない場合は、具体的な理由とともに時期を明示するのが良いでしょう。

・来年度の事業計画を立案してから・・・
・来年度の予算計画が承認されてから・・・

これなら年間計画で毎年、その時期がはっきりしているでしょうから「内定後◯ヶ月」という相対的な時期の指定ではなく、たとえば「10月1日に入社できます」のように、具体的な日程で回答できるはずです。

現在の役職上「責任を果たす必要がある」こと、「余人をもって代えがたいこと」などきちんと説明し、配慮をお願いすべきである点は言うまでもありません。

回答する際の注意事項

どのパターンでも共通していることは、

・新会社への入社意欲が強いことを示す
・前向きに取り組んでも、それだけ時間がかかること
・新会社の希望に合わせて調整する意欲があること

言葉や態度できちんと示す必要がありますよ。

人事部長のまとめ

いつから入社できますか?

・面接官の本音は「事務的確認」か「ラブコール」なのか?
・回答は、あなたの状況によって異なります。
 ・あなたが在職中の場合
 ・あなたが離職中の場合
 ・ハイスペックな転職の場合
・新会社への入社意欲が強いことを明確に示すこと!

まこと部長
まこと部長
ここからは、個人的なアドバイスになりますが・・・

転職して会社を変わるのは「人生の節目」です。

新しい会社に変わっても、あなたはきっと真面目に忙しく働くでしょう。

在職中に内定が得られた場合(だけですよ!)は最後の有給取得を利用して「家族と数日間はユックリ過ごすこと」をお勧めしています。

私が転職したときは1日も休まなかったので、実はちょっと後悔しているのです。(笑)

関連する記事